肌に負担のない日焼け止めとは?天然素材のケイ素を使おう!

夏休みだけでなく、冬の時期には寒い日本を飛び出して太陽の光たっぷりのビーチに旅行に行く人は年々増加しています。

また、夏の海水浴シーズン以外でも、海外は日本国内にいるよりも紫外線が多い国が沢山あります。対して国内も紫外線が年々強くなっているのを感じます。

そこで過度な日焼けを防ぐため、日焼け止めを肌に塗るわけですよね。ただし!日焼け止めにはデメリットもあります。

・肌が弱い人→日焼け止めによって荒れてしまう
・肌が弱くない人→日焼け止めの成分によって、吹き出物ができやすい

また、赤ちゃん連れてを強い日差しの中、外出した場合、
「肌が痛まない赤ちゃん用の日焼け止め」を探しているお母さんは多いと思います。

日焼け止めで肌が荒れる原因

元々敏感肌だったり、体調不良、女性の場合は生理によって肌の痛みは起こります。

体調や肌の調子が弱っている時も要注意ですが、次に多いのが日焼け止めの成分によって荒れてしまうということです。

日焼け止めの代表成分は以下の2つ

〇紫外線吸収剤
〇紫外線散乱剤

のどちらかが必ず含まれています。

「紫外線吸収剤」は紫外線を一旦吸収したあと、化学反応を起こして紫外線を熱に変え、肌から追い出します。この過程の化学反応が肌の痛みの原因となると言われています。

「紫外線散乱剤」は紫外線を跳ね返る成分のみのため、紫外線吸収剤より肌への刺激が少ないですが、紫外線予防効果はあまり高くありません。

また、参加亜鉛という物質が配合されている紫外線散乱剤の場合、汗などと反応して肌の痛みが起きる可能性があります。

ケイ素を使って肌に負担のない日焼け止めに

高級ブランドの化粧品にはケイ素入りの化粧品がよくあります。
また、大手の化粧品メーカーもケイ素入り商品を出しています。

こういったケイ素入りの化粧品の場合、無添加の商品が多いことが見受けられます。

ケイ素はその効果として、肌の痛み、乾燥肌、しみ、肌の弾力UPといった様々な肌トラブルに効くと言いわれています。また、日焼けをした肌の炎症を抑えてくれる効果や美容の効果もあります。

しかし、ケイ素自体には日焼け止めの効果はないので、肌トラブルを防ぐために、

〇日焼け止めを塗る前に肌のコーティングのためにケイ素化粧水をつける
〇日焼けしてしまった後に、肌の鎮静化のためケイ素化粧水をつける

ということで、日焼け止めによる肌の痛みだけでなく、肌の保護を行うために珪素を使うことができます。

特に赤ちゃんや肌が痛みやすい方には、日焼け止めを塗る前にケイ素化粧水を肌に着けることは高い効果が期待できます。

ケイ素とコーラーゲン、新しい細胞については次の記事もあわせてお読みください。
コラーゲンの元となるケイ素ケイ素にはお肌ケアの美容効果があり、実際に高級化粧水や美容液の材料にはケイ素が含まれています。一般的にお肌の潤いやハリのために、コラーゲンやヒアルロン酸が良いのはとても有名で、たくさんの女性がコラーゲン食材やサプリ

ケイ素のメラニン色素抑制効果については次の記事もあわせてお読みください。
そばかすがあると「可愛い」と言われますが、そばかすのある本人からしたらコンプレックスだったりしますよね。毎日しっかりお手入れもしてるのに、全く良くならないと悩んでいる人もいると思います。そばかすは紫外線の影響やストレス、食事、遺伝などが原因
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする