偏頭痛の改善にケイ素

偏頭痛は、脳内にある血管の収縮・拡張のリズムと一緒に、ズキズキとした痛みとして現れます。

様々な要因がありますが、主に睡眠不足や疲れ、食事内容や生理周期が関係していて、人それぞれに偏頭痛の原因は違います。血行不良が原因で起こる片頭痛や、体を錆びさせてしまうことが、頭痛の原因と言われています。

私たちが紫外線を浴びたり、ストレスを受けると有害物質が発生するのですが、普段は体内にある治癒力で体外へ排出されます。

しかし、有害物質が大量に体内に発生した場合、処理しきれなくなった場合は体内で様々な炎症や病気を引き起こします。そして、この有害物質が組織の炎症を起こし、それが偏頭痛の引き金になる場合があります。

このような症状があるときに、ケイ素を飲むことによって、有害物質を消去し、健康が維持されます。さらに体の老化も抑えられ、血行不良の改善へと繋がります。

何故ケイ素を飲むと片頭痛が改善されるのか

私たちに偏頭痛の症状があるとき、一般的に頭部の血管の膨張によるものが多いと言われています。

脳の血管が収縮する時、血流が増えて血管が膨張します。すると、その周りを囲んでいる三叉神経という脳の最も大きな神経が「圧迫・刺激」を受けるそうです。その時、痛みを起こす炎症物質が放出されます。それによって、血管の周りに炎症が起こり頭痛が発生するのです。

また珪素は血流を良くする働きがあり、カラダの隅々まで酸素や栄養素を供給し、乳酸や疲労物質や老廃物を体外に排出する働きがあります。更にケイ素には炎症を抑える為の消炎作用があります。

ケイ素のこれらの働きのお陰で血行不良が改善されると、頭痛の症状も和らいで行きます。

偏頭痛が起こった時に飲むケイ素サプリメントでオススメなのが水溶性ケイ素です。水溶性ケイ素は、飲んですぐ体内に吸収され体の隅々まで運ばれ、体内の炎症を抑えてくれます。

ケイ素が血圧を下げる効果については次の記事もあわせてお読みください。
高血圧とは? 塩分の取りすぎは高血圧につながりやすく、放置しておくと脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化による様々な病気や糖尿病などをおこしやすい...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする