ワキガ・ワキ汗に水溶性ケイ素

梅雨のじめじめした季節や夏の暑い日差しの日に、自分のニオイが気になって憂鬱だという人もいるのではないでしょうか。

ワキガやワキ汗を気にしていると自分に自信をもって、人と接することができないと悩むこともあると思います。

そんな時に役立つのがケイ素です。

一見、ワキガやワキ汗とケイ素の関係はないように思えますが、そんなことはありません。

大部分が水分、そしてミネラルかで出来ている私たちのカラダは、必須ミネラルのケイ素によって皮膚や骨、歯、爪、血管などが構成されていますが、このケイ素はそれ以外の働きもしてくれています。

ケイ素の力がワキガをストップ!

・汗をかくとワキから嫌な臭いがする
・白い服だとワキの下が黄色くなる
・ニオイがある
・足がくさい
・べたべたの汗をかく

こんな症状を持っている場合、カラダがサビている可能性があるんです。

カラダのサビとは、カラダの中が酸化していくということです。私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れています。その酸素を使ってエネルギーを作りだしているのですが、この取り入れた2%の酸素が原因でサビとなり、それが沢山溜まるとあらゆる病気の原因になったり老化現象を引き起こします。

そして、ワキガやニオイなどのカラダから出る匂いは汗に細菌がつき繁殖することで匂いを発します。汗となる物質は違いますが、この汗には体内の有害物質、残留している油など含まれていて、この汗の元となる体内を浄化することでカラダの内側からニオイの出る体質を改善していくことができるんです。

また、体内のミネラル不足で匂いの元となる汗の水分バランスが崩れている事も考えられます。

珪素は体に取り込むと、身体の材料となり、強い浄化力で健康へと導きます。

ケイ素の働きでも説明をしましたが、このケイ素の力には有害物質の繁殖を抑える力があります。

汗の元となるのは、体内の水分です。この体内の水分にケイ素が含まれると、殺菌や静菌、浄化力があるため汗をかいて雑菌がついても、雑菌が繁殖せず匂いを発することもありません。そして、体内のミネラルバランスが整われているので体内の酸化を防いでいて、いわゆる「ツン」とした匂いも元から防いでくれます。

ケイ素を体に取り入れようという場合には水溶性ケイ素が最適です。
水溶性なので、普段摂取する飲み物や食事に混ぜて体内に取り入れることが出来、腸内で栄養を吸収する際に水溶性珪素も栄養素と一緒に速やかに体内に取り込まれるため、タブレット型のケイ素サプリメントより体内へケイ素の吸収率がより高くなります。

管理人がオススメするのは、Umo グリーン。水溶性ケイ素で容量も多く、携帯用ミニボトルにわけられるので外出先でも手軽に水溶性ケイ素を取り事が出来ます。

ケイ素の抗酸化力については次の記事もあわせてお読みください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする