ケイ素水と水素水の違い

水溶性ケイ素と水素水、どちらも健康に効果があるようですが、違いはなんなのでしょうか?

水素水の効果や特徴については以下の様なものがあります。

大きな特徴としては、体で発生する活性酸素を除去してくれて、体を酸化から守ってくれます。

活性酸素は体を老化させるものなので、それを取り除いてくれることから、アンチエジング効果がうたわれています。

ケイ素で美容の大敵紫外線は活性酸素を抑える 紫外線は皮膚を傷つけたり、シミ、しわ、たるみの原因とも言われ、街中では日傘や顔を覆うサンバイザ...

アンチエイジングというのは、そのまま美容や健康に結びつきます。アンチエイジング効果でお肌の調子も良くなるでしょうし、シワも目立たなくなりそうです。

美容は表面的なことがメインになりますが、体の中も老化から遠ざかることができれば、それは健康そのものということになりますね。

健康に寄与するのであれば、いわゆる生活習慣病の類は軽減することが予想されます。生活習慣病といえば、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などがありますが、こういったものにも効果が期待できるわけです。

水素水と水溶性ケイ素

ところで水溶性ケイ素ですが、こちらの効果や特徴は沢山情報をまとめています。

ただ、水溶性ケイ素と水素水を比べてみると、かなり似通っているんですね。

アンチエイジングのことや生活習慣病について、その他期待できる効能なども共通点が多いです。

水溶性ケイ素の場合は、体に害となる活性酸素を除去するということに加えて、体の組織そのものを構成する部分においても力を発揮するということです。

人体の中ではケイ素を作ることはできないので、体外から摂取することになりますが、体を組成する物質としてとても重要なんですね。

今ある組織の老化防止というより、組織を作る側の存在です。
コラーゲンを活性化するということにより、細胞間のつながりを強くしたりするため、血管や内蔵、免疫力まで高めると言われています。

水素水、と水溶性ケイ素のどちらが優れているということはなさそうです。

どちらも違ったアプローチで、体の健康、美容などに寄与してくれるので、可能であればどちらも摂取したいところです。

どっちを選ぶのか?

どちらかと言うと水素水の方がお手軽に購入できる価格帯の商品もあるようです。

ウォーターサーバーでも水素水のものがありますし、継続的に摂取することを考えると、水素水の方が敷居が低そうです。
但し、水溶性ケイ素で忘れてはならないのは、体を構成する物質を摂取しているという点ですね。
老化を防ぐといった防御に加えて、組織を構成していくという積極性を感じる効能を有しています。

その分価格も上がる傾向にありますが、余裕があるなら水溶性ケイ素も検討してみると良さそうです。

今、注目のケイ素(珪素)。ドイツでは、過去10年間ケイ素含有商品が全健康商品の売上げ1位と続いています。 最近ではアメリカからもケイ素...

シェアする

フォローする