ケイ素不足が人の目に与える影響とは!?

ケイ素はミネラルの一種で、生命維持に必要なものです。このサイトでも何回か、ケイ素不足が招く人体への影響について書いてきました。

今回の記事では、ケイ素不足が人間の目に与える影響についてまとめてみました。

ケイ素不足から起こる目の病気

老化現象の中でも特に悩む人も多い老眼、視力低下ですが、若い人でもパソコンやスマホの画面を見過ぎている事が影響で眼精疲労やドライアイの症状に悩んでる人もたくさんいます。

そしてこれらの症状が深刻になってしまうと「加齢黄斑変性」という眼病につながる恐れがあります。

加齢黄斑変性とは

ものがゆがんでみ見えてしまう、左右で大きさが違って見えてしまう等の症状がまず起こります。

そして、徐々に視力が低下して、見ようとすると範囲の中心部分が見えなる病気です。
これが進行してしまうと見える範囲がどんどん狭くなっていき、最悪の場合失明してしまいます。

加齢と病名に付いている為、老化によるものと思われるかもしれませんが、最近は若い人にも起こり得る危険がある病気になります。

最近は子供の時からゲームやスマホ、パソコン画面などからたくさんのブルーライトを浴びています。

目がブルーライトを浴び続けると、眼精疲労になりやすくなるので、若くても加齢黄斑変性になる可能性が高くなるのです。

緑内障、白内障

目の病気の中でも、この二つの名前はよく耳にすると思います。

白内障は眼の中でもレンズの役割をしている水晶体が濁ってしまう病気です。
進行してしまうと、

・視界が暗く見える
・白っぽくかすんだように見える
・目に入ってくる光がまぶしく見える

緑内障は眼圧が上昇する事が原因で視神経が障害を起こしてしまい、視野が狭まってしまう病気です。

緑内障も白内障も40歳以上の人がかかりやすいと言われいます。
しかし、初期の段階では本人に自覚症状がなく、気が付いたら進行してしまっていたということが多いのです。

水溶性ケイ素の多彩な働き ケイ素の働きについて、2つの効果があります。 ●全身の組織、臓器の細胞の材料になること ●強い抗酸化力で...

眼病にならない為に

眼病は症状が出てしまってからでは治療が難しいことがあるので、
日ごろからストレスや疲れを溜めないようにしっかり予防する事が大切です。

ケイ素には疲労回復を促す効果があります。つまりケイ素が不足してくると、目の老化がどんどん進み、目の病気になりやすくなってしまうのです。
さらに、ケイ素はストレスからくる疲れ目や毛様体筋の働きが悪くなった目に対して神経の働きを正常に維持して、抵抗力を高めてくれる役割をしてくれ、血流の改善などの効果もあると言われています。

様々な病気改善や老化防止に効果 ケイ素体を作る元素であり、今まであまり意識してこられませんでしたが、体を作るための栄養素のたんぱく質やカル...

シェアする

フォローする