ケイ素は腸内の善玉菌を増やす

近年、腸管を丈夫にすることが健康に繋がるといわれています。

腸管の主要な働きは消化吸収で、健康にとって極めて重要です。多くの病原細菌は口から入り、腸などを通して体内に侵入すると言われています。

病原細菌からの身を守るため、腸管には自己防衛機能が備わっています。その働きを高めるためにも、腸内環境を整えることが重要です。

腸内細菌を刺激して善玉菌の活動を活発化させるために、ヨーグルトや食物繊維を摂取することが重要だと提唱されています。

ケイ素で善玉菌が増えて腸内の環境を整えよう!

腸内の善玉菌を増やすには、食物繊維の摂取が良いと言われています。

食物繊維は、腸内で消化吸収がされにくいため、お腹を良好に保つだけでなく、善玉菌の餌となったり、腸内の有害物質を減らす働きがあります。

しかし、この大事な食物繊維を現代人の私たちは満足に取る事が出来ていません。

実はケイ素は食物繊維の多い食品の主成分で、植物や海藻類に多く含まれています。

なぜケイ素が腸内環境を整えられるのかというと、それは「ケイ素の体をサビつかせない力」のお陰です。

腸内環境は悪玉菌が増えすぎてしまうと以下のような不具合が!

・善玉菌が減る
・血管や遺伝子などが傷つけられる
・悪玉菌によって有害物質が溜まる

という事態が起きてしまいます。

しかし、食物繊維を多く取り、ケイ素が腸内に十分にあると

・食物繊維の働きを強化し、増えた悪玉菌を排除
・傷ついた体を修復する
・腸内環境を整えることで健康になり、病気を寄せ付けない

と私たちの体の助けとなってくれるのです。

ケイ素とお腹の関係については次の記事もあわせてお読みください
男女、年齢問わずお腹の悩みは多いもの。なかなか治らない・・と悩んでいたり、便が固くて強くいきむ、など排便時の苦痛や不快感、様々あると思います。また、お腹がぽっこりしている場合は、腸の働きが低下していて痩せにくく太りやすい体質に変わっているこ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする