ケイ素と関節痛

長時間同じ姿勢でいたあと、朝起きたとき、歩いたあとに肘や膝などの間接が動きにくかったり、痛みを感じることがありませんか?
特に寒い冬の時期に関節の痛みを感じやすいようです。

関節痛には様々な原因がありますが、骨と骨のクッションの役割をする軟骨がすり減り、骨と骨が直接すれることに痛みを生じていることが主な原因です。

痛いからといって、湿布薬などで自己治療をして一時的に痛みが軽くなったとしても、自己診断なのでかえって症状が悪化してしまうということもあります。

関節にこわばりや痛みなどを感じたら、その原因を知り、正しい予防や治療を行うことが大切です。

また、関節痛の改善にはクッションとなる軟骨を形成しているコラーゲンの強さと弾力を強化していくことが良いとされています。

ケイ素とコラーゲンについては次の記事もあわせてお読みください。
ここ数年、ケイ素(シリカ)が健やかな体や肌を作るために大きな役割を果たすことが認められ、日本国内にある大手のサプリメント会社もケイ素のサプリ...

ケイ素が関節痛の改善

関節痛の改善や予防には、軟骨を形成しているコラーゲンの弾力を強化することが良いでしょう。

ケイ素は、コラーゲンを束にして促進させる働きを持っていますので、日常的に取り入れることで関節痛の改善と予防になります。

また、関節の炎症についてもケイ素には改善効果があります。

炎症を起こしている関節は、熱や腫れがある場合があり、稀に関節のあたりの皮膚が赤くなっていることがあります。これは、血液の流れが滞っていたり、血管が炎症で腫れあがっていることが原因です。また、細菌感染していて炎症を起こしていることも考えられます。

そこで、この症状を改善するのに役にたつのケイ素です。

ケイ素には抗酸化作用といってサビついた内臓や血管の酸化抑制効果があるだけでなく、血管を再生したり、血液の流れをスムーズにするという働きがあります。

ケイ素は、体の異常な状態を正常に戻そうとしてくれるのですね。

またケイ素には、細菌の感染をしている場合は滅菌の作用もあります。

ケイ素は私たちが産まれたときから体内の備わっている必須ミネラルなのですが、年齢を重ねるごとに減っていきます。そして体内合成ができないため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

ケイ素を摂取する場合、加齢により中年以降の代謝吸収率は減り、高齢者になると更に吸収率が落ちるため注意が必要です。

そこでオススメなのがケイ素のサプリメントです。

もちろん食事からもケイ素は摂取できますが、化学薬品や農薬などで土壌のミネラル成分が減っているため、現代の食品はもともとのケイ素含有量が減っています。
そのため、ケイ素のサプリメントを取る事できちんとケイ素が摂取できるようになります。

珪素のサプリメントには、カプセルに入った粉末状のもの、錠剤、液体の3つがあり、中でも珪素濃縮液タイプのサプリメントがオススメです。

管理人がオススメするumoは、高純度水晶意思を燃焼し、特殊なフィルターによってケイ素を抽出した液体タイプのサプリメントのため、日々の食事や飲み物に混ぜて手軽に取ることが出来ます。

ケイ素サプリメントの口コミについては次の記事もあわせてお読みください。
健康や美容に重要な必須ミネラルのケイ素は、すでに多くの方が飲んでその効果を実感しています。 その口コミをいくつか集めたので、購入前の参...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする