気分が落ち込んだときはケイ素?

ケイ素(珪素)には精神に関わる症状を和らげるという報告があります。

神経伝達物質が精神の緊張を和らげる

精神のダメージは過度のストレスや、強い悲しみ、不安、虚しさなどのほかに、昇進や結婚など環境の変化だと言われ、主にどんよりした気分や無気力が特徴です。

一時的なうつ状態は誰もが経験しているものですが、うつ病になるとこうした心の状態が長期的に回復することがありません。更に、睡眠の異常や食欲不振、倦怠感といった症状が現れて、日常生活に支障をきたすようになります。

気分の落ち込みはけっして特別な病気ではありません。むしろ身近に潜んでいて、誰でもかかりえる病気ですし、本人が気づかない間に発症していることも少なくありません。

罹患している本人がうつ病と認めないこともあるため、周囲がいち早く気づいたり、サポートする必要も出てきます。

松果体の活性化については次の記事もあわせてお読みください
脳の松果体と言われても、「何の機能を司っているの?」と思うのではないでしょうか? 私たちの脳は、大脳、小脳、脳幹、間脳という神経細胞の...

ケイ素が効く理由

セロトニンは、人間の精神面に大きな影響を与えて、心身の安定や心の安らぎに関与することから、「幸せホルモン」と呼ばれています。セロトニンが不足すると、精神病に陥りやすいと言われています。

イライラ、自立神経の改善については次の記事もあわせてお読みください
人間関係や、仕事のストレス、プレッシャーなどで現代人の多くが頭痛やめまい、吐気、倦怠感などの体調不良に悩んでいると言われています。 こ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする