あせもの傷跡に水溶性ケイ素

夏になると汗が原因で、赤いぶつぶつができてかゆくなる「あせも(汗疹)」が出来ることがあります。
一回あせもが出来て掻いてしまっては、痕に残ってしまったり、ひどいときは「とびひ」となってカラダのあちこちに痒みが広がってしまいます。

ここでは、汗もができる原因と改善の方法について解説をします。

あせも(汗疹)が出来る原因

あせもは乳幼児の代表的な皮膚トラブルというイメージですが、肥満や多汗体質、更年期による体内のバランスの変化などが原因で汗をかきやすくなると、頭や顔、背中、胸やお腹周り、お尻などで汗が溜まり、かつ乾きにくいためあせもができやすくなります。

そして、痒いからといってあせもを掻き過ぎると、傷ができ、そこから最近が侵入して化膿することにより『とびひ』や『皮膚炎』など、他の病気になることもあります。

あせもが出来てしまったら、まずは掻かないようにし、どうしても掻いてしまうというときは、ガーゼを使って患部を保護したりした方が良いでしょう。

あせもが重症化してしまうこともある
〇あせもが沢山でき、とびひして体全身にできてしまう
〇掻き過ぎて傷が残ってしまった
〇痒過ぎて眠れない

などと、日常生活に支障が出てしまった時は、皮膚科で診察を受けましょう。

重症化してしまった場合は、炎症を抑える薬があります。

また、掻き過ぎて傷が出来、とびひになっている場合は抗生物質の飲み薬や塗り薬を合わせて使うこともあります。

汗疹の予防には、汗をかいたあとにどのように対処するかが大切です。

汗をかいたら、タオルなどでこまめに汗を拭きとったり、着替えを持参して着替えをしたり、汗をシャワーで洗い流すなどすると良いでしょう。

ワキガ、ワキ汗、体臭予防については次の記事もあわせてお読みください。
梅雨のじめじめした季節や夏の暑い日差しの日に、自分の体臭が気になって憂鬱だという人もいるのではないでしょうか。ワキガやワキ汗、体臭を気にしていると自分に自信をもって、人と接することがなかなかできないと悩むこともあると思います。そんな時に役立

あせもで出来てしまった傷をなんとかしたい

「あせもが出来たら掻かない」と言われても、実際できてしまうと非常に痒くてつい掻いてしまうと思います。

一度書いてしまうと、傷跡はなかなか消えませんし、茶色く色素として残ってしまう事もあると思います。

そこで、水溶性ケイ素です。

完全に傷跡を残さないようにするのは無理かもしれませんが、水溶性ケイ素を傷跡に直接塗ることで皮膚細胞に直接働き、皮膚細胞の新陳代謝が上ることで、傷跡が残りにくくなったり、殺菌作用により雑菌の繁殖を抑えたりすることが出来ます。

ケイ素の多彩な働きについては次の記事もあわせてお読みください。
水溶性ケイ素の多彩な働きケイ素の働きについて、2つの効果があります。●全身の組織、臓器の細胞の材料になること●強い抗酸化力で活性酸素の害を除去することそしてこの2つの働きはさらにいくつかに分かれ、多彩な働きに転化します。ケイ素が体の構成成分
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする