イライラや自律神経の改善にケイ素 – ケイ素の力

イライラや自律神経の改善にケイ素


人間関係や、仕事のストレス、プレッシャーなどで現代人の多くが頭痛やめまい、吐気、倦怠感などの体調不良に悩んでいると言われています。

これらの原因は主に自律神経やホルモンバランスの乱れ、ストレスによって血流が滞ってしまっている、社会環境などが大きく関係しています。

社会環境は普段の生活、会社、家庭環境なのですぐに何かを変えることはできませんが、自立神経やホルモンバランスの乱れ、ストレスについては少しの工夫で改善をすることが出来ます。

運動をしたり、自分の好きな事に没頭してリフレッシュを図ったりももちろんですが、ケイ素のサプリメントを取ることで、体内のリズムを体の内側からサポートするのも一つの改善方法です。

イライラや自律神経を整えるには松果体を整える

脳の松果体を活性化させるケイ素 でも述べた通り、ケイ素は自律神経を司り、体内リズムや免疫力精神の安定に関わっている松果体という脳の基幹を形成する重要な成分です。

松果体はメラトニンという睡眠と覚醒を切り替える睡眠ホルモンを分泌しています。

最近の研究ではメラトニンの分泌が抑うつや免疫を強くしたり、若返りや抗がん作用の報告もあります。

それだけでなく、松果体は愛情や感謝といった感情を作り出すオキシトシンをいうホルモンを分泌していると言われているんです。

日頃から何故かイライラしたりすることがあれば、松果体から出るオキシトシンが減っているのが原因かもしれませんので、松果体を整えれば気持ちが安定するかもしれません。

ケイ素を日常的に取り入れる方法

自分がイライラしている、何だか自立神経が乱れていると感じたときに積極的に水溶性ケイ素のサプリメントを取り入れてはいかがでしょうか?

ケイ素は人間にとって必須栄養分(ミネラル)ですが、体内で作り出すことができないため、外から補うのが一般的です。

ミネラル豊富な食事を毎日とる事が理想ですが、忙しいと食事もおろそかになったり、現代のの生鮮食品は農薬や保存剤などでミネラル分が少なくなっているということもあり、なかなか思うように珪素を取る事が出来ないのが現状です。

また食事などから珪素を摂取した場合、腸管で吸収されて血液中にケイ素が流れ出し、体中に送られます。しかし、一般的なミネラルと同様に消化の過程を経るので、体内では全てのケイ素が吸収されるわけではありません。

水溶性珪素の場合は、ケイ素が既に液体化しているために、飲んでいる最中からもすぐ細胞に吸収されます。

水溶性ケイ素も複数種類がありますが、高純度、高品質の水溶性ケイ素をサプリメントとして補うことが重要です。


スポンサーリンク

フォローする