そばかすや美白にケイ素がいいらしい! – ケイ素の力

そばかすや美白にケイ素がいいらしい!

787838

787838

そばかすがあると「可愛い」と言われますが、そばかすのある本人からしたらコンプレックスだったりしますよね。
毎日しっかりお手入れもしてるのに、全く良くならないと悩んでいる人もいると思います。

そばかすは紫外線の影響やストレス、食事、遺伝などが原因となってメラニン色素が増えることで起こります。
実はケイ素にはこのメラニン色素を抑制する効果があるのです。

ケイ素がそばかすに効いて、美白になれる理由

6d9766ede0d7a2e1f94a6850d0aeed2c_s

ソバカスや肌が黒くなるのは、どちらもメラニン色素が皮膚に増えることで起こります。

これはメラニンが、皮膚を有害な紫外線から守る働きをするため起こります。通常、生成されたメラニンは新陳代謝に伴って本来は排出されますが、大量に生成された場合は排出しきれずに、皮膚に残ってしまいます。

これがそばかすや、シミ、色黒の肌になる原因です。

シミは美容クリニックやエステでおこなうレーザー治療で消すことができます。しかし、この治療は出来たメラニンに対して行っている治療なので、メラノサイトというメラニンを生成する細胞に直接働きかけることができません。

美白についても、レーザーを照射して細胞を刺激することで肌を作っている細胞と、コラーゲンの再生を活性化させていますが、レーザーは照射の強い光を顔に当てているので、稀に火傷をしてしまうことがあり、リスクも高くなります。

シミや美白を根本的に治すために効果的なのは方法は、皮膚のターンオーバーを安全・健康的に行えるようにするということです。

珪素は乾燥肌とケイ素でも説明した通りケイ酸塩よして皮膚を作る細胞壁に含まれています。そして体内に含まれている珪素はコラーゲンの再生と接着の手助けをしているので、皮膚のターンオーバーを促す働きをします。

体内に活性酸素が増えてしまうと、皮膚の再生を阻害して、ターンオーバーが正常にできなくなります。正常にターンオーバーできなくなった肌はくすみ、肌の色が黒く、ソバカスの色も濃く残ってしまうのです。ケイ素はこの活性酸素を除去する強い抗酸化作用もあります。

ケイ素は体内に取り入れても、肌に塗っても無害なので、シミを消したり美白をしたい場合は体の内側と外側から取り入れるのがよいでしょう。
なかでも、水溶性ケイ素は飲み物に混ぜて体内に取り入れることもでき、化粧水や乳液などに混ぜて皮膚から取り入れることもできるのでお勧めです。


スポンサーリンク

フォローする