水太り(浮腫み)の改善に水溶性ケイ素 – ケイ素の力

水太り(浮腫み)の改善に水溶性ケイ素

mukumi

水太り(浮腫み)とその原因

水太りは脂肪が原因で太るわけではありません。
また、水分の取り過ぎで太ってしまったわけでもありません。
水太りとは、体の新陳代謝が悪く、本来汗や尿として排出されるべき老廃物や余分な水分をうまく排出できなくなってしまったため、結果的に太ってしまった状態を指します。浮腫みとも表現されていて、浮腫みが慢性化してしまうと水太りとなります。

そして、この浮腫みは放置してしまうとそのまま脂肪になってしまいます。浮腫みの原因となる余分な老廃物は、蓄積され続けると脂肪細胞に吸収され、この脂肪を放置していると、セルライトとなってしまい、そう簡単に落とす事が出来なくなってしまいます。

また、浮腫みには体内の電解質(イオン)が大きく関係しています。

私たちの体の中にはプラスイオンとマイナスイオンが共存して、バランスを取っています。私たちの体を構成している細胞の細胞幕の内外を水やイオンなど様々な物質が常に行き来をして、細胞内にたまった炭酸ガスや老廃物を排出してくれます。

しかし、このイオン同士の行き来が順調にいかなくなってしまうと、体内のイオンバランスが崩れ、細胞が水分を余計に貯め込んでしまうため、細胞自体がむくんでしまうのです。

なぜケイ素が水太り(むくみ)を改善するのか

ashi

イオンの交換を活発になると、新陳代謝が高まり細胞内の老廃物や炭酸ガスの交換が順調に行われるので、水太りは浮腫みはおこらなくなります。
そして、ケイ素にはこのイオンの交換を活性化をさせると言われています。特に40代になって痩せずらくなったり、体重が増えてなかなか減らないちいった場合、ケイ素不足でイオンバランスが崩れてしまっていることが考えられます。

ケイ素によって活性化されたイオンが細胞内の老廃物や炭酸ガスを排出すると、むくみの原因がなくなるため体が痩せたり、水太りが解消します。しかし、ケイ素は私たちを構成するミネラル成分ですが、私たちは珪素を自分の体内で作り出すことができません。

更に、珪素は私たちのカラダから毎日排出されていってしまいます。そのため、ケイ素サプリメントとして外から体内に取り入れる必要があります。

水太りや浮腫みの場合、水を飲まなければいいという訳ではありません。水にはカロリーがないので、太りませんし、上述のように細胞の新陳代謝が悪いため汗や尿として排出されるべき余分な水分が体内に溜まってしまっているだけです。

水太りや浮腫みをなおしたいからといって、水分摂取を控えると、便秘や脱水症状、血栓などの病気を引き起こしかねません。そこで、水を飲むときには、水溶性ケイ素を飲み水に混ぜて摂取することをお勧めします。

ケイ素サプリの選び方でも説明した通り、水溶性珪素は原料の石英を摂氏2000度の高熱でガス化させて抽出します。水溶性ケイ素は体内に吸収されやすいということを目的として生成されているので、微粉末にした製品よりも全身の隅々の細胞に届きやすく、吸収されやすいというのが特徴です。

そこで、管理人の勧めする水溶性ケイ素は umo BRANCHE。 水溶性ケイ素サプリの中でも高純度です。


スポンサーリンク

フォローする