水溶性ケイ素で虫歯予防 – ケイ素の力

水溶性ケイ素で虫歯予防

d58e7d794780ee0defde2633d751307f_s

歯磨き粉の危険成分

虫歯予防には歯磨きをしっかりするのが当たり前ですが、普段お使いの歯磨き粉、体に良くないというのをご存知でしょうか?まず、歯磨き粉の多くに含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム」。

これは界面活性剤として使われている成分ですが、歯磨き粉だけではなくシャンプーなどにも含まれています。泡立つものには界面活性剤が使われていると考えればわかりやすいかと思います。

界面活性剤は「水に馴染みやすい親水性」と「油に馴染みやすい親油性」の両方の性質を持ちます。本来まじりにくい「水と油」をくっつけることができるので、汚れを落とす洗浄剤として使われています。

界面活性剤には天然界面活性剤と合成界面活性剤がありますが、ラウリル硫酸ナトリウムは合成界面活性剤です。名前からしてよくないものというイメージですが実際にその通りです。

確かに洗浄剤として便利なものかもしれませんが、これは下水処理でも分解されることがなく、環境汚染も懸念されているものです。

こういったものが体に入ることで健康を害するのは想像しやすいことです。歯磨き粉の場合、基本的には飲み込むことはありませんが、口に含んだだけでも体内に侵入していきます。

実は界面活性剤は角質を通って体内に入ってしまうので、口の中でなくても危険な成分です。

体内に入った後そのまま血液にも侵入して、血管を通って身体全体に広がっていきます。
また、歯磨きの直後に何かを食べると味が変に感じませんか?

ラウリル硫酸ナトリウムによって舌の細胞が破壊されているのが原因だそうですよ・・・。

歯磨き粉の代わりに水溶性ケイ素

478df7b2a864560bf5beea2bd175443d_s水溶性ケイ素は汚れを吸着する洗浄力を持っています。

歯磨き粉を使わずに水溶性ケイ素を歯ブラシにつけて歯磨きをすれば、それで歯磨き効果は得られます。

ラウリル硫酸ナトリウムのように体に悪影響もありません。また、水溶性ケイ素は洗浄力だけではなく、殺菌作用も持っています。

汚れを落とすだけではなく、口の中の細菌をやっつけてくれるんですね。口の中の汚れを落として殺菌もしてくれれば、虫歯になる確率も落とせます。

歯磨き粉の主成分の中に「研磨剤」がありますが、これには「無水ケイ酸」という成分が使われていることも多いです。無水ケイ酸は二酸化ケイ素、シリカとも呼ばれますが、これを特殊な処理で水溶性にしたものが水溶性ケイ素です。

水溶性ケイ素で歯磨きをすると良いと聞くと、研磨剤と関係があるかと思われるかもしれません。ですが、研磨剤としての効果はあくまで無水ケイ酸の状態での話です。水溶性ケイ素は洗浄、殺菌ということで別に考えたほうがよいでしょう。

この殺菌成分は歯だけではなく歯茎にも好影響をもたらします。歯周病の予防などにも力を発揮しますので、いかに水溶性ケイ素が素晴らしいかわかりますね。

参照:水溶性ケイ素による改善例 歯周病


スポンサーリンク

フォローする