うつ病にもケイ素? – ケイ素の力

うつ病にもケイ素?

depressed-1431324

ケイ素(珪素)にはうつ病などの精神に関わる症状を和らげるという報告があります。

神経伝達物質がうつの症状を和らげる

うつ病や統合失調症の原因は、過度のストレスや、強い悲しみ、不安、虚しさなどのほかに、昇進や結婚など環境の変化だと言われ、主に憂鬱な気分や無気力が特徴です。

一時的なうつ状態は誰もが経験しているものですが、うつ病になるとこうした心の状態が長期的に回復することがありません。更に、睡眠の異常や食欲不振、疲労倦怠感などといった症状が現れて、日常生活に支障をきたすようになります。

実はうつ病の患者数は世界人口の約3%だと言われています。この数字はおよそ世界人口の1億人以上を占めるものであり、日本だけでも約360万人のうつ病患者がいることになります。

うつ病はけっして特別な病気ではありません。むしろ身近に潜んでいて、誰でもかかりえる病気ですし、本人が気づかない間にうつ病を発症していることも少なくありません。

罹患している本人がうつ病と認めないこともあるため、周囲がいち早く気づいたり、サポートする必要も出てきます。

誤解されがちなのが、未だにうつ病のことを病気ではなく単なる気持ちの問題ではないかととらえる人が多くいる事。うつ病はただの気の持ちようで起こることなく、過度のストレスによってセロトニンやノルアドレナリンなどの脳の神経伝達物質の働きが鈍って起こるとされています。

ケイ素がうつ病対策になる考えられている理由

セロトニンは、人間の精神面に大きな影響を与えて、心身の安定や心の安らぎに関与することから、「幸せホルモン」と呼ばれています。セロトニンが不足すると、うつ病に陥りやすいと言われています。

ケイ素には、このセロトニンに作用して感情の安定や抗うつ効果などを発揮する効果があります

そして、うつ病にはノルアドレナリンの前駆体(前の段階の物質)である神経伝達物質ドーパミンの不足も大きく関わっていますが、これは統合失調症にも同じことが言えます。

ケイ素が不足してしまうと活性酸素が増加し、ドーパミンを放出する脳のニューロンや脳神経がこの増えすぎた活性酸素でダメージを受けてしまい、脳疾患を起こしやすいのではないかという指摘もあります。

ケイ素を摂取することで脳内の活性酸素を除去し、脳疾患の予防につながる可能性があります

shutterstock_55304584


スポンサーリンク

フォローする