ケイ素と摂りたい栄養素~酵素とケイ素の関係 – ケイ素の力

ケイ素と摂りたい栄養素~酵素とケイ素の関係


酵素の作用

酵素とは、あらゆる生命活動に関わっている栄養素であり、人間にとって必要不可欠なものです。

最近では、酵素というと疲労回復やダイエット等に効果があるとのことで有名になり、消化吸収を助ける働きをするイメージが強いですよね。

しかし実際には単にダイエット効果やデトックス効果があるだけではないんです。

その働きとしては、呼吸をすること、心臓を動かすこと、老廃物を排出させること、侵入したウイルスから体を守ること、肌などの生まれ変わりをサポートすることなど、体中での働きのほとんどに酵素はかかわっているんですね。驚くべきことに呼吸、筋肉運動、代謝活動など体内で起こる生体反応の全てを酵素が担っているんです。どのくらい重要な栄養素かわかりますよね?

さてそんな最重要な酵素ですが、種類があります。取り入れた栄養をしっかりと吸収できるように消化を手伝う「消化酵素」と、吸収した栄養素を体内で働かせる「代謝酵素」の2つ。

そして、上記の身体の働きを総称して「基礎代謝」というんですね。おなじみの言葉だと思います。

消化酵素と代謝酵素は、体内で作られますが限界があります。そのうえ、食べ物を消化するために大量の消化酵素を使ってしまうと、逆に代謝酵素が減ってしまい代謝不足を招いてしまうのです。

そして病気になった時などは、病気と戦うために代謝酵素の方が消費され、今度は消化酵素が不足してしまい、胃腸やお肌のコンディションが悪くなってしまうのです。

このように健康な体を維持するには、消化酵素と代謝酵素のバランスが何よりも大切なんですね。例えば、ビタミンや脂肪、炭水化物などの栄養をたくさん摂取しても、酵素が無ければ、人間が消費できるエネルギーに変換されないんです。

このように酵素はとても重要な働きを持っています。できるだけ体内にある酵素量を減らさないようにしたいですね。

そのために、ケイ素がとても役に立つんです!ケイ素は酵素の能力をさらに引き出すことができるといわれています。その理由は・・・

補酵素としてのケイ素の働き

酵素は、主にタンパク質からできている物質になります。
酵素の重要性はお伝えしたとおりですが、その酵素が活動するときに欠かせないモノが補酵素と呼ばれる物質になります。

補酵素はタンパク質以外で出来ていて、多くの場合はビタミン類として知られています。

タンパク質由来である酵素単体の物をアポ酵素(apoenzyme)といいますが、実はこのアポ酵素だけでは消化や代謝活動の主な働きができないんです。また、補酵素単体でも体内での生命活動としての働きができないんです。

そこで、アポ酵素と補酵素が合体すると、ホロ酵素(holoenzyme)とよばれるものになり、消化や代謝等、主な働きができるようになるのです。

  • アポ酵素 と 補酵素 = 活動できる「ホロ酵素」

つまり酵素がスムーズに働くためには補酵素が必ず必要となるのです。この補酵素にはさまざまな種類があり、ビタミンB類のほか、ケイ素などのミネラル成分も含まれています。

まさに、補酵素は酵素にとって欠かせない相棒のようなものなんですね(但し、全ての酵素が補酵素を必要としているわけではなく、中にはタンパク質で出来た酵素単体で働くものがあります。)

また、ケイ素は酵素との結合力にとっても優れているんです。そのおかげで、ケイ素と酵素を上手に取り入れることにより相乗効果として、酵素をさらにパワーアップさせることができる!というわけなんですね。


スポンサーリンク

フォローする