二日酔いと水溶性ケイ素の関係 – ケイ素の力

二日酔いと水溶性ケイ素の関係

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

ケイ素が二日酔にも効果がありそう?というお話があったので、調べてみました。

まずは二日酔いの原因ですが、意外にもしっかりとは解明されていません。

摂取したアルコールが肝臓で分解されてアセトアルデヒドになるというはよく聞く話です。

その後、アセトアルデヒドも分解しなくてはならないのですが、アルコール量が多いとそれが追いつかないという話があります。

他にも二日酔いの原因になる要素は脱水、低血糖、胃酸過多、血管拡張などがあげられます。

これらの要員によって、吐き気、頭痛、筋肉痛、喉の渇き、胃炎などの症状が生じます。

それに加えて、アルコールを摂取すると体が酸性に傾くということがあげられます。

これはお酒の種類によってその程度が異なりますが、酔いやすいと感じるお酒ほど酸性度が高いようです。

焼酎は中性に近いですが、ワインは酸性度が高めです。実際に経験則上、ワインのほうが悪酔いするものですよね。

二日酔いの解決策

体が酸性に傾いてしまっている点を解決できれば、二日酔いも軽減される可能性があります。

一番簡単なのは水をたくさん飲むということなのですが、水溶性ケイ素によって、体をアルカリ性に傾けるというのも効果がありそうです。

また、アルコールを分解して体外に排泄する際に、体の水分やミネラルが失われやすくなります。これを珪素水で補給することで、肌荒れが軽減したり、体調を整える効果も見込めそうです。

二日酔いの日は肌がガサガサと肌荒れしませんか?

とは言え、何事も摂取しすぎと言うのはよくありません。ただケイ素水をガブガブと飲めば二日酔いも解決してさっぱりということでもありません。

基本的には単純に飲み過ぎに注意するということが求められます。

ケイ素について興味を持っている場合は、健康に留意していることが予想できますが、そんな方であれば最初から体のことを考えて、飲み過ぎに注意するところを徹底した方がよいでしょう。

ケイ素水も、理屈からして若干の効果が見込めそうですが、これに頼るというより、補助的な食品のイメージで摂取するのがよいでしょうね。

その他の二日酔い対策

7ead2e2c89044795550d6a359e907a15_s

とにかく失われた水分を摂取するのが効果が高いですが、スポーツドリンクや味噌汁も、二日酔いに効くものとしてよく知られています。

スポーツドリンクは失われたナトリウムやカリウムの補給に役立ちますし、浸透圧の関係で体に吸収されやすい飲み物です。

味噌汁も失われた栄養素の補給に効果的で、しじみなどはアルコールの分解を早める効果が見込めます。

糖分の補給という観点では、100%のフルーツジュースも効果的です。

こうしてみると、美味しいと感じるものは、二日酔いに効果が見込めるということです。

スポーツドリンク、しじみの味噌汁、フルーツジュースなど、二日酔いの時に飲むとすごくおいしく感じますよね。

また、頭痛がひどい時もあるかと思いますが、この原因は血管の拡張が続くことにより、血管が炎症を起こすことだと言われています。

これを解決するには、血管を収縮させることが必要になりますが、コーヒーや牛乳も効果が見込めます。

スポーツドリンクに比べると即時性は低いですが、覚えておくと良いかもしれません。

お腹を暖めると肝機能が高まり、早くアルコールを分解出来るようになるということもあります。

ですので、飲酒中や直後に、お腹をカイロで温めるなどすると、その後の二日酔いを軽減することができそうです。

水分を補給するときに置いても、冷水をたくさん飲むよりも、お湯を飲んだほうが体への負担が小さくなるでしょう。

温かい水溶性ケイ素

さて、ここで思い出すのが水溶性ケイ素のお湯です。

なんだか分かりますでしょうか?

「温泉」ですね。もちろん成分は水溶性ケイ素だけではありませんが。

温泉に入ると体がよく温まると感じるものですが、その温泉を飲む習慣がある国もあります。

ヨーロッパなどでは、温泉を飲む習慣、「飲泉」というものが広く浸透していて、体によい効果が見込めるということが昔から知られています。

実際にヨーロッパの温泉地では、飲泉が医療と結びついており、温泉はお風呂ではなく療養地として捉えられています。

温泉療法医なるものも存在していて、飲泉に関しても処方が出されるそうです。

日本に置いてはヨーロッパのように盛んに飲泉が行われているわけではありません。

各都道府県から飲泉の許可を得る必要もありますし、各人に応じた温泉療法医もほとんど存在しません。

しかしながら、温かい水溶性ケイ素を飲むということは、多くの可能性を持っていることも事実ですね。


スポンサーリンク

フォローする