ケイ素は眼にも効果があるかも?! – ケイ素の力

ケイ素は眼にも効果があるかも?!

2215b19cec6361f451bd4da08e000823_s

多くの健康改善に効果があるとされているケイ素ですが、眼に関しても効果があるとしている情報も見受けられます。

水溶性珪素を5%程度に薄めて、それを目薬のようにして点眼して使うというものですが、以下のような症状に効果があったとされています。

アレルギー性結膜炎、弱視、白内障、充血、ドライアイ、眼疲労、飛蚊症、近視など・・・

但し、医学的見地ではそういった報告はなされておらず、実際に効果があるかどうかはわからない点が多いです。

ケイ素の人体への安全性

ケイ素自体は、人体への安全性は確認されています。それは医療機関、研究機関により確認されていることですので、信憑性があります。

厚生労働省で定めている食品衛生法においても、ケイ素の安全性は法的に示されています。つまり、ケイ素を摂取して体内に取り込んでも特に有害ではないということです。

水溶性珪素に関連した食品、サプリメントなども販売されていますし、ケイ素はむしろ健康に寄与するということで様々な効果について言及されています。

ケイ素の還元力

そういったケイ素の健康につながる効果については、ケイ素の持つ還元力がその理由としてあげられています。体内の活性酸素がケイ素による還元力によって減少することで、言ってみれば老化を軽減するということです。そうなると、あらゆる身体の衰えの回復に効果的なのかとも言えます。

眼においても活性酸素は発生しているので、眼に関係した病気や障害についても、なんらかの回復傾向が見込めることもあるのかも知れません。

但し、これらはあくまでもケイ素を摂取した場合の話で、点眼によって絶対的な効果が見込めるかどうかはまだはっきりしていないことが多いのではというのが現在の見解です。少なくとも、ケイ素の点眼が推奨されているということはありません。

ケイ素の点眼は危険!?

5a0dccf45d5a3f840de54a8ec5cea2c3_s
眼は他の器官に比べてもデリケートで弱いものです。医学的見地からケイ素の点眼についての効果が見込めるまでは、あまりそういったことは実施しない方がよろしいかと考えます。

眼に関しては、ケイ素の話の前に、点眼液を自分で作るという点でも問題があると思われます。水分のあるところでは雑菌が繁殖しやすいので、それは自作の点眼液でも同じです。眼に雑菌が入れば、結膜炎やものもらいになる可能性も出てきてしまいます。

市販の目薬には防腐剤も入っていますので安全性は高いですが、それでも目薬の貸し借りは避けたほうが良いとされるほど、目薬の雑菌については神経を使ったほうが良いところです。

自分で作った点眼液などはなおさら危険です。雑菌の温床以外の何物でもありませんので、ケイ素はあくまでも口から摂取するものと現段階では考えておいたほうがよいでしょう。


スポンサーリンク

フォローする