花粉症 – ケイ素の力

花粉症

花粉

アレルギーは国民病

アレルギーは今や国民病とも呼ばれ、花粉症は4人に1人、食べ物を含めると2人に1人が
何らかのアレルギー症状に悩まされているといわれています。

そして、自分では日常茶飯事と思っている症状が「実はアレルギーだった」ということもあるのです。

私達の身体は、外部から進入したウィルスや細菌などを排除して、身体を防御しようとする免疫機能が備わっています。この免疫機能が正常に働くことで、私達は病気を予防したり、病気になっても回復することができるのです。

しかし、この免疫が過剰に反応して、その結果からだに悪影響を及ぼすことがあります。
これがアレルギーの症状です。アレルギーは、異種の免疫異常の病気で、その原因は主にダニやほこり、花粉、食品、金属、衣類、薬、ペットなどです。

アレルギーの中でも代表格は「花粉症」ではないでしょうか。

春先のスギやカバヒノキ、夏のイネ科、秋のブタクサなど、アレルギーの原因となるアレルゲンは多岐にわたります。そして、怖しいことに花粉症が引き金となって食物アレルギーになってしまう人が増加しているという話があります。

花粉症を改善にケイ素

くしゃみ寸前

花粉症の対策には腸内環境を整えるといいということで、ヨーグルトを食べるといいということは有名ですが、実はケイ素が花粉症対策にとてもいいことをご存知ですか?

アレルギー性の鼻炎や花粉症などは、免疫力が正常に働いていると症状は治まります。

ケイ素には、新たな免疫細胞の生産を助ける役割があり、重要な免疫組織である腸管(主に小腸や大腸)の材料にもなります。そして、強い抗酸化力があるため細菌の繁殖を抑え、殺菌力、静菌力、浄化力につながり、結果として免疫力の向上をもたらすのです。

また、ケイ素には「人間が本来持っている自然健康状態に戻す」という性質があります。

いくら花粉症にヨーグルトが効くからといっても、栄養を吸収する腸管の組織がしっかりしていなければ意味がありませんし、ケイ素は元々免疫力の向上をもたらすので、水溶性ケイ素を食事や飲み物に混ぜて摂取することで、自然と花粉症対策となっているのです。

ケイ素は、もともと身体の組織を作る基となるミネラルですが、自分で作り出す事はできません。そして、効率よく体内にケイ素を吸収させるためには、水溶性であることが必要となります。

管理人がお勧めする水溶性ケイ素は「Umo BRANCHE」です。

液体なので、飲み物や食事に混ぜて気軽に取ることが出来ますし、100%天然成分の水晶石をガス化し、価値ある成分だけ抽出されているので、細胞に吸収されやすくなっています。

もちろん、ケイ素で身体の根幹である細胞を強くしていくことも大切ですが、花粉症は睡眠不足やアルコール、ストレスが影響するとも言われています。

しっかり睡眠をとり、規則正しい生活と一緒にケイ素を摂取することで、心身ともに健康な毎日を送ることも大切です。


スポンサーリンク

フォローする