ケイ素の好転反応 – ケイ素の力

ケイ素の好転反応

smn2

人間の身体の中にあり、臓器や器官を構成する物質「ケイ素」は、必須ミネラルであり、摂取することによって、骨や血管、爪を強くし、しなやかな肌や髪を形成しています。
ケイ素は組織だけでなく、体内にある臓器にも含まれて居ます。

そして、ケイ素は組織、臓器の素材であるだけでなく、古いもの、有害なものを除去し、細胞を再生する働きがあります。

ケイ素は年齢と共に体内から減少をしていくので、食事などで摂取しなければなりません。ケイ素が不足すると、病気や老化の原因となるのです。

ケイ素を摂取するには、水溶性珪素のサプリメントから摂取するのが、一番効率よく珪素を摂取できます。カプセル入りの珪素サプリメントよりも、液体化している珪素サプリメントの方が、体内への吸収率が非常に高いのです。

前述の通り、水溶性ケイ素は飲んでも副作用やアレルギー反応はありませんが、稀にいわゆる好転反応のような症状が現れることがあります。

33好転反応とは、身体の調子がよくなる過程の一環で、普段より異常に眠気を感じたり、身体がだるくなったり、あくびがたくさんでたり、かゆみや湿疹、しびれを感じたり、熱っぽく感じるなど、その症状には個人差があります。

これは、ケイ素を摂取したことにより、今まで身体に溜まっていた毒素が体外に排出されてデトックス(解毒)をしている状態です。水溶性ケイ素を飲み始めてから、一定の期間内に何かしらの症状が出た場合は、焦らなくて大丈夫です。

一般的に、水溶性ケイ素の摂取量は健康な人で1回20~30滴を飲み物などに混ぜて摂取する。持病がある人の場合はそれ以上飲むというのが基本ですが、好転反応が出た場合、まずは飲んでいる水溶性珪素の量を調節します。摂取する量を一旦減らして下さい。一度、摂取量を減らして様子をみながら、今度はどのくらの摂取量がいいのか量を調節していきます。

お肌へのケイ素の効果を目的とされていて、化粧品や乳液に混ぜている方は、なるべく薄く希釈したケイ素を取り入れるようにしましょう。

病気が重い人は、長い時間をかけて悪化していったわけなので、身体の改善もある程度時間をかけていくことが必要かと思います。

ケイ素を飲まれる方の目的は、多種多様だと思います。大切なのは、ケイ素不足と身体の改善なので、自分のケイ素への反応をみつつ、毎日適量を飲み続けていくことです。

25


スポンサーリンク

フォローする