改善例 –ネコの慢性腎臓病(慢性腎不全)- – ケイ素の力

改善例 –ネコの慢性腎臓病(慢性腎不全)-

ネコ 腎不全

ネコを飼っていらっしゃる方で気になるのは、ペットの慢性腎不全(慢性腎臓病)ではないでしょうか。

この病気は特に高齢の猫に多く、早期発見をすれば進行を遅らせることが可能です。

12歳の愛猫。最近やたらと水をたくさん飲むのに、食欲がなく体重が減ってしまい、嘔吐をしている。と、心配した飼い主さんが動物病院に連れて行ったところ、「慢性腎不全」と診断が下されました。

一度機能を失った腎臓は、回復しません。まだ機能している部分を温存していく治療となります。

飼い主さんは愛猫のため、病院で処方される症状の進行を遅らせる治療薬の他に、サプリメントを猫ちゃんに与えようと色々探していいらっしゃいました。

人間にたくさんの効果をもたらすケイ素。動物も同じようにケイ素から身体を構成していますし、何と言っても100%天然成分から抽出した水溶性珪素が、もしかしたら猫にも効くのではないかと想い、飼い主さんにお勧めをしてみました。

飼い主さんは、ケイ素が体内毒素を解毒するのを目的として、愛猫の毎日の飲み水や食事にケイ素を混ぜてネコ 水飲む与え、さらに直接、珪素を飲ませていたようです。

水溶性ケイ素は無味無臭なので、ペットの飲み水や食事に混ぜても風味を損ないません。愛猫も、ケイ素入りの飲み水にしたところ、普通の水よりたくさん飲んでいるように感じたとおっしゃっていました。

水溶性珪素を与え始めて10日ほど経ったところで、愛猫の嘔吐回数が減ってきたそうです。

その後もしばらくケイ素を与え続けていたところ、血液検査の数値も正常値まで戻り、体重も増えてきたそうです。

水溶性ケイ素は薬ではないですし、臨床データがあるのか?といわれれば、公的に証明するデータは取られていないと思います。しかし、病院から処方される薬に、ケイ素をサプリメントとして与えることによって、ネコの慢性腎不全の改善が見られました。


スポンサーリンク

フォローする