ケイ素が血圧を下げる – ケイ素の力

ケイ素が血圧を下げる

血圧測る

高血圧とは?

塩分の取りすぎは高血圧につながりやすく、放置しておくと脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化による様々な病気や糖尿病などをおこしやすいといわれています。
血液を運ぶ動脈に汚れがついて流れが悪くなると、心臓は圧力を高めて末端の血管まで血液を流そうとします。その結果、血圧が高すぎる状態になり、高血圧となります。
現在、日本では国民の4人に1人が高血圧といわれ、およそ3000万人以上の高血圧患者がいると推測されています。高血圧

高血圧は「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されます。

一次性高血圧は、血圧が高くなるほかの病気やホルモンの異常などがない高血圧のことです。日本の高血圧患者の90~95%がこの一次性高血圧といわれています。一次性高血圧が起こる原因ははっきり解ってはいませんが、遺伝的な要素や生活習慣が関係していると考えられます。

しかし、遺伝的な要素を持つ方が必ず高血圧になるというわけではありません。食塩の取りすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満など高血圧の危険を高める生活習慣が要因となり、高血圧となる事が明らかにされています。

二次性高血圧は、なんらかの特定される原因があって、高血圧を示す状態のことです。原因を根本から治療できれば、二次性高血圧は完治させる事ができます。その原因は、腎疾患や睡眠時無呼吸症候群などさまざまです。二次性高血圧は高血圧症全体の10%以下に過ぎませんが、若い人で血圧がかなり高い場合は二次性高血圧症が強く疑われます。

ケイ素を飲んで、高血圧の改善事例が報告されています。

gf0690107682-thumb-600xauto-11

なぜケイ素が高血圧に効くのでしょう?ケイ素には血圧を下げる成分は含まれていませんが、体の機能を正常にするように働くことが解明されています。ケイ素は様々な栄養素や酸素、ホルモンや抗体を体の隅々まで届ける役割をしてくれます。また、細胞間に蓄積された抗生物質や有害物質、毒素を排出してくれます。これが、結果的に高血圧の原因を取り除き高血圧を改善しているのではないかと考えられています。

その他にも、ケイ素は中性脂肪やコレステロールをデトックスし、血液がサラサラになることにより血流の循環が良くなるという事例も報告されています。さらに、ケイ素は血管の細胞を作る構成物質でもあるため、動脈硬化などで硬くなってしまった結果を弾力性のある強くしなやかな血管にする作用があります。

もちろん、珪素を飲んでいるから大丈夫というわけでなく、自身でも健康に気を配って適度な運動をする事によりリフレッシュしたり、過度な塩分の摂取を控えるという努力も必要ではないでしょうか?

自身で食生活をコントロールし、運動をして、水溶性ケイ素を摂取することにより、健やかな体になることが高血圧を含めた様々な病気の予防に繋がります。


スポンサーリンク

フォローする