ミトコンドリアと心臓疾患 – ケイ素の力

ミトコンドリアと心臓疾患

smn19jpg

狭心症、不整脈、心不全、心筋梗塞など心臓疾患の原因

ミトコンドリアは人間の体の帥60兆個といわれる細胞に存在し、組織、臓器の活動を支えるエネルギーを生産しています。あまり活動しない組織に少なく、活発に動きエネルギーをたくさん必要とする組織にはたくさん存在します。

中でも突出して多く存在するのが心筋、つまり心臓を動かす筋肉です。
心筋は、われわれが生まれてから死ぬまで、朝も夜も片時も休まず血液を全身に送り続けるポンプです。

こうした仕事を担うため必要とするエネルギーも大量で、心筋細胞の体積の40%はミトコンドリアが占めているといわれています。顕微鏡で観察すると、筋肉細胞にはびっしりとミトコンドリアが詰まっているのがわかるそうです。

ミトコンドリアがたくさん存在するということは、そこでたくさんの酸素を使ってエネルギーを産生しているということです。
活性酸素も大量に発生し、ミトコンドリアは常にその危険にざらきれているわけです。

もちろんわれわれの体には、活性酸素に対抗する抗酸化物質が備わっていて、その被害を最小限に食い止めるべく機能しています。たとえばSODやカタラーゼなどの酵素、ビタミンCやビタミンEなどもその働きをしています。
30
そしてケイ素も活性酸素の働きを抑える役割があり、食物中に含まれる栄養素ですが、まとまった量をとるのは難しいため栄養のバランスを意識する必要があります。

もし老化や、ストレスなどで活性酸素の量が増えてしまうことがあればミトコンドリアが正常な働きをしなくなってしまいます。

もしそうなったら…

心臓という部分的な話をすれば狭心症、不整脈、心不全、心筋梗塞などの心臓疾患のきっかけになりうるのです。

また、心臓の働きが弱まれば体に流れる血液にも影響があります。
動脈硬化や脳梗塞なども起こりかねないため危険はよりいっそう多くなるでしょう。


スポンサーリンク

フォローする