ミトコンドリアとパーキンソン病 – ケイ素の力

ミトコンドリアとパーキンソン病

smn18jpg

パーキンソン病改善にケイ素がおすすめ

パーキンソン病の患者さんは日本で14万人を超え、アルツハイマー病についで増加している病気です。

一部20歳代からなど若年性の患者さんもいますが、50歳以降の中高年が多く、年齢が上がるほど発症する人が増えます。

難病(特定疾患)指定になっており、完治は望めないといわれています
様々な薬が登場しているので、発病後もでも平均寿命まで生きる人が多くなりました。

経過には個人差が大きく、発病後数年で寝たきりになってしまう人もいます

パーキンソン病の症状は、じっとしている時に手足が震える(振戦)、筋肉がこわばって動きがにぶくなる(筋強剛)などの運動障害が多くみられます。歩幅が狭く小走りのように歩く、体の向きを変えにくい、転倒しやすいなどがあります。

この病気では、脳内にドーパミンが不足するので、ドーパミンを補う薬が投与されます

ドーパミンは、意欲を高める、やる気を起こさせる、楽しみや快感を司る神経伝達物質といわれています。ドーパミンが正常に分泌されていると、やるべきことにスムーズに取り組める、楽しく仕事ができるなどポジティブになります

パーキンソン病の症状として、無表情、緩慢な動作、小声などが発生しますが、ドーパミン不足のためと考えられており、認知症を合併することが多いのです。ある調査では約4割がパーキンソン病と認知症の両方の診断を受けていました。

ですが、水溶性ケイ素の摂取でパーキンソン病の症状が改善したという方が少なくありません。中には旅行にも行ける程元気になった例もあるようです。

この病気は、薬物療法がよく効く人と効かない人がいます
薬が効かず藁にもすがる気持ちで探し、水溶性ケイ素に巡り合ったという方が多いようです。

ミトコンドリアを活性化し中脳黒質ドーパミン細胞を再生

29
症状は異なりますが、認知症とパーキンソン病の原因や発症のプロセスはよく似ているようです。

いずれも加齢と関わりがあり、活性酸素の増加が原因になっていること、発症に関してミトコンドリアの機能低下等が背景にあることなどが挙げられます。

脳はたくさんのエネルギーを必要とする臓器なので、脳神経のミトコンドリアではたくさんの酸素を取り込みます。

その一部が活性酸素になり、ミトコンドリア自身を損傷します

するとミトコンドリアの機能が低下し、さらに活性酸素が増え、ミトコンドリアの遺伝子に及び、異常なミトコンドリアを発生させてしまいます。

通常はオートファジーというしくみによって異常なミトコンドリアは処理されて消失します。しかしパーキンソン病では処理されず、そのまま蓄積してしまいます

このミトコンドリアの機能低下と異常なミトコンドリアの増加によってエネルギー生産は滞り、中脳の黒質ドーパミン細胞も減少、あるいは死滅すると考えられていますが、詳しいプロセスはよくわかっていません。

しかしアルツハイマー病同様、ミトコンドリアで発生する過剰な活性酸素を中和し、減少、死滅した中脳の脳神経細胞を再生させることができれば、病状は改善します。

再びドーパミンが分泌され、様々な症状は減っていくと考えられます。
そうした働きがあると考えられ、注目を浴びているものこそが、珪素なのです。


スポンサーリンク

フォローする