細胞の重要な組織ミトコンドリア – ケイ素の力

細胞の重要な組織ミトコンドリア

smn15

ミトコンドリアは生命活動の源

ケイ素と関わりの深い組織にミトコンドリアがあります。

人間の細胞は約60兆個といわれていますが、その1つ1つの細胞に、少ないもので100個、多いものでは数千個のミトコンドリアが存在します。

そして、われわれ人間が生きていくためのエネルギーのほとんどを作り出すという重要な働きを担っています。

ミトコンドリアは大きさや数も様々で、エネルギーをたくさん消費する臓器の細胞ほど多く備えており、腕や足の筋肉、休み無くは駆動している心臓や脳細胞にはびっしりミトコンドリアが詰まっているそうです。

ミトコンドリアの機能が落ちると活性酸素が大量発生する

ミトコンドリアは酸素を大量に使ってエネルギーを作るのですが、その時に大量の電子をやりとりするため、どうしても活性酸素が発生します。

ミトコンドリアが健康で、うまく回っていれば、酸化を防ぐために用意された酵素が活性酸素を中和してその被害を食い止めます。しかし加齢などで中和の働きが衰えると活性酸素は増える一方で、周囲を酸化し悪影響を与え始めます。

ミトコンドリア内で発生した活性酸素は、ミトコンドリア内を傷つけます。

そうなると最も重要な働きであるエネルギーを作る力が衰えてしまいます
エネルギーの供給が衰えると、どんな臓器、組織も活動することができなくなります。

心臓であれば拍動が弱まり、消化器では消化吸収に支障が起きます。
筋肉で起きれば運動能力が低下し、脳なら考える力が落ちます。
24
目に見える部分だけでなく、たとえばすい臓でインスリンを分泌したり、肝臓で毒素を分解したり、免疫細胞がウイルスを攻撃したりなど、目に見えない働き、時として命に関わる重要な働きも衰えてきます。

つまりミトコンドリアの働きが低下すると、そのエネルギーで動いていた機能がすべて低下してしまうのです。

また、活性酸素が多くなってしまうとこれらの機能の低下だけでなく、血管や細胞を傷つけ、動脈硬化や脳梗塞、心臓疾患や糖尿病等の命に関わる病気や、アルツハイマー、パーキンソン病、免疫の低下が起こります。また、その他の健康や美容にも関わってきます。

逆を言えば活性酸素の働きを正常に抑え、ミトコンドリアの力が衰える原因を解消すれば、難病や疾患の改善も見込めるということです。

そしてケイ素は抗酸化力のある栄養素なので、最初に述べたようにミトコンドリアと深いかかわりがあるということであり、ケイ素は難病や疾患、健康とも深いかかわりがあるということです。

ケイ素でミトコンドリアの修復、再生

抗酸化物質は、加齢と共に減少し、不足してきます。

活性酸素による被害はいっそう広がり、ミトコンドリアの組織を傷つけられ機能を低下されてしまいます。その害がミトコンドリアの遺伝子に及ぶと突然変異が発生し、異常なミトコンドリアが増え始めます。異常なミトコンドリアは細胞内で不要な存在です。

細胞内にはこうした異常なミトコンドリアを分解して処理するオートファジーという機能があるのですが、この働きを邪魔する遺伝子が、やはり加齢によって増えてしまいます。

分解されずに残ってしまう異常なミトコンドリアによってさらに活性酸素が増え、エネルギーが作れなくなっていきます。

こうして心筋は次第に力を失い、弱って不整脈、狭心症、心不全といった疾患に発展するのです。

25こうした疾患には個人差があり、遺伝的な要素も加わるため一概にはいえませんが、心筋のミトコンドリアを再生し、エネルギー不足を補わなければ全身に血液を送る働きに支障が起こります。

そのためには、他の組織、臓器同様に、ミトコンドリアを作り抗酸化力を発揮する珪素を補わなければなりません。

心筋は他の臓器、組織と異なり、一度損傷すると再生が難しいといいます。

また通常、ミトコンドリアの増加には有酸素運動が有効といわれますが、心臓の悪い人に運動は勧められません。

心臓機能の低下がみられたら、悪化する前に水溶性ケイ素を補給して、ミトコンドリアの修復、再生をはかることをお勧めいたします。


スポンサーリンク

フォローする