免疫力のアップ – ケイ素の力

免疫力のアップ

smn10

ケイ素は体を守る免疫力にも関わっていた

「免疫」とは「疫(病)」を「免(れる)」と書きます。
免疫といっても幅が広く、色々な組織があります。

たとえば皮層です。
皮層は外界と体内を隔てる最大の免疫組織です。

外界にあふれる細菌やウイルスなどの病原体は、皮層がなければたちまち体内に侵入し、われわれは多種多様の感染症に苦しめられることになります。

よく火傷で体表の20%が損傷すると命の危険があるといいますが、あれはまさに感染症の危険を意味しています。ふだん気にもとめていませんが、皮膚は物理的に危険物を排除する免疫の最前線です。

あるいは唾液などの消化液、口から虹門に至る体の内側の粘膜なども重要な免疫組織です。唾液などの消化液は殺菌力があり、粘膜表面には異物に対して働く酵素があります。外界と接する部分は、防護壁として重要な役目をしているのです。

こうした防護壁を超えて体内に侵入してしまった異物にも、強力な免疫組織があります。
白血球などを中心とした免疫システムです。

免疫には2種類有り、自然免疫という内部に発生した細菌やウィルス、がん細胞などを排除する働と、獲得免疫という一度かかったら学習し、再び遭遇したときには最も効果的な攻撃で速やかに排除する免疫があります。
17
例えば、はしかが1度かかれば2度かからないというのは獲得免疫のおかげです。

そしてこの免疫システムが敵と認識するのはウィルスや細菌だけではありません。
がん細胞も対象になります。

ケイ素は抗酸化作用があり、有害金属の排出や、細胞の修復や生み出す助けとなったりと、老化や難病の改善に期待の出来る栄養素ですが、免疫力アップの効果があります。

もちろん珪素が直接免疫力を上げるわけではありません。

ケイ素の働きによって免疫システムを増加、活性化させるためなのです。


スポンサーリンク

フォローする