動脈硬化と脳梗塞 – ケイ素の力

動脈硬化と脳梗塞

smn9

動脈硬化、脳梗塞、ケイ素

ケイ素が重要な材料になっている人体の臓器として、何より重要なのは血管です。
そして血管は全身の細胞に栄養等必要なものを運ぶ道、生命維持に欠かせない組織です。

太い動脈から細い毛細血管まで、全身に張り巡らされた血管網は、60兆個といわれる細胞1つ1つに栄養、酸素、ホルモン、抗体などを運び二酸化炭素や老廃物など不要なものを運び出します。

血管は大動脈から毛細血管まで合わせると、総延長はおよそ10万キロメートル。
たった一人の血管で地球を約3周する長さです。

驚くべきことに10万キロもの血管のうち、99%は細い毛細血管が占めています
毛細血管というくらいですから、髪の毛くらいの太さかと思いますが、実際はさらに細いのです。

髪の毛の一般的な太さは直径約0.08ミリメートル。1ミクロンは1ミリメートルの1000分の1なので80ミクロンです。毛細血管は5~10ミクロンなので、髪の毛の10分の1以下ということになります。

それほど細い血管の中を血液が流れているのですが、赤血球、白血球、血小板といった血球は血管に比べるとかなり大きいことをご存じでしょうか。

まず赤血球は直径が7~8ミクロン、白血球は5~20ミクロン、血小板は2~3ミクロンとされています(文献や資料によって異なり、同じ血球でも大小があります)。

これらの血球が5~10ミクロンの毛細血管を通るのですから、単純に考えるとかなり無理があり、特に単球(マクロファージ等)は血管を詰まらせそうな大きさです。

実際マクロファージは、大ききだけでなく活動そのものも、血管が詰まる原因になりやすい性質を持っています。

実際は毛細血管も血球も伸縮性があり、広がった血管の中を紡錘形に変形した血球が流れている、という場合も珍しくないようです。

減少していくケイ素を補い、健康な血管を取り戻す

15
血管の重要な材料であるケイ素は、年を取るとだんだん減少していきます。
食品から摂取する量が変わらなくても、消化、分解、吸収、体内での利用、蓄積などのあらゆる能力が衰えていくからと考えられています。

よほど意識して摂取しなければケイ素が不足し、
加齢によって老朽化した血管を元通りに作り直すことができません

古く硬くなった血管の内側には、中性脂肪や悪玉コレステロールなどがへばりついてプラークとなり、血管内部が狭くなっていきます。

これが動脈で起これば動脈硬化です。
動脈硬化の起きた血管では血液がサラサラとは流れず、プラークは時として血栓になります

血管はいっそう硬くなり、しなやかさがなくなるため、血栓で血管が詰まったり、破れて出血することもあります。

これが脳で起これば脳梗塞、脳出血心臓で起これば心筋梗塞で、すみやかに治療しなければ命に関わります。

こうした重病に進行するまでには、動物性脂肪の多い食事や運動不足、肥満などが原因のドロドロ血液など、いくつもの悪条件が重なっています。

しかしそこにケイ素不足という重大な要因があることに、ほとんどの人は気づいていません。

血管の老朽化、修復再生不良の陰には、実は珪素不足が隠れています

ラットを使った実験でも、水溶性ケイ素には動脈硬化の原因となるコレステロールが酸化するのを防ぎ、血流障害を防ぐ働きがあると考えられる結果がでています。

ようやく最近になって、ケイ素の重要性が語られるようになってきました。

活性酸素による動脈硬化

動脈硬化が起こるのは、加齢のためだけではありません。

生活習慣によって血管内部にコレステロールなどが付着し、内部が狭くなり、血管そのものが硬くなってしまうためです。また血管内部で発生する活性酸素の害から、血管や血液を守れないことからも起きています。

このように活性酸素は体で起こっている様々な健康問題に多かれ少なかれ関わっています

16
血液中に含まれる脂質やコレステロールが活性酸素によって酸化すると、脂質は過酸化脂質に、コレステロールはLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)に変わります。

これらは血管内をサラサラとは流れず、血管の内側にへばりつくようになります。

さらに免疫細胞のマクロファージが、これらを破壊するために活性酸素を放出するのですが、悪循環になってしまっているのがわかると思います。

さらにマクロファージが処理しきれないほどの場合、血管の壁に潜り込んで飛沫化し、最もタチの悪いアテローム動脈硬化の原因ともなってしまいます。

ですのでコレステロール値や健康で気になる部分がある方は
抗酸化力の強いケイ素を積極的に体に取り入れていただきたいです。


スポンサーリンク

フォローする