糖尿病 – ケイ素の力

糖尿病

smn8

糖尿病の3大合併症は代表的な細小血管障害

糖尿病は、われわれが食事をして摂取した糖が血液中に残存し、栄養として細胞に吸収されにくくなる病気です。

本来は血液中に糖が増えると、すい臓の細胞からインスリンというホルモンが出て糖の細胞への取り込みを進める事で血糖値は下がります。

しかし糖尿病の人はインスリンが分泌されないか、されても細胞が反応しないため(インスリン抵抗性)、いつまでも高血糖が続きます。

高血糖は全身の様々な組織を痛めつけ、神経障害、網膜症、腎症などの合併症をまねきます

この合併症こそ糖尿病の恐ろしい症状であり、悪化すると壊痕で足を切断、網膜症で失明、腎症で人工透析などに至ります。

糖尿病には1型と2型があり、1型は先天的にインスリンの分泌が悪いことが原因2型は主に生活習慣が原因とされていますが、いずれにしても吸収されない糖が血液中に漂うのは同じです。

高血糖の血液はドロドロの状態で毛細血管は詰まり気味になり、栄養や酸素が末端の神経細胞になかなか届かなくなります。神経細胞は栄養失調で酸欠になり、機能がはたせなくなってしまいます。

糖尿病の合併症はいわば血管障害です。
細い血管がダメになる細小血管障害と、太い血管がダメになる大血管障害に分けられます。

前述の3大合併症である神経障害、網膜症、腎症は、細い血管が詰まって起こる代表的な細小血管障害です。

また高血糖による血液は、時間がたって酸化し有害になるといわれています。
そんな有害な血液が血管や細胞を傷つけるのが糖尿病です。

糖尿病の発症から合併症まで関わる活性酸素を除去する

13
糖尿病のうち1型といわれるものは、発症した時すでにインスリンが全く、あるいはほとんど分泌されていません。
原因は、インスリンを分泌するすい臓のβ細胞が何らかの原因でダメになってしまい、機能を停止しているからです

また1型も2型も、吸収されずに酸化した高血糖の血液が全身の血管内を漂いながら、血管の内壁を酸化させ、血管の詰まりや傷みを発生させます。

こうしたところにもやはり活性酸素が発生していると考えられています。

水溶性ケイ素には高い抗酸化力があり、活性酸素の害をある程度防ぐことができます。
活性酸素の量にもよりますが、酸化によるダメージを食い止め、中和することができるのです。

また網膜症、神経障害、腎症の三大合併症は、細小血管が傷んだり、詰まって発症するので、珪素はその血管が再生するための材料にもなります。
炎症を起こしている箇所ではそれを抑え、ダメになった細胞を排出する助けにもなります。

もちろん水溶性ケイ素は万能ではないので、完全にダメになった臓器を丸ごと再生したり、糖尿病を根本から治すことはできないでしょう。

けれどもあらゆる段階で進行を阻止し、発症から合併症までの様々な段階で進行を押さえ、回復への手助けをしてくれます

水溶性ケイ素が糖尿病の血糖値を下げ肝臓の機能を改善した例

14
糖尿病でかつ肝機能も低下している患者さん1人に水溶性ケイ素を飲んでもらい、血糖値とヘモグロビンA1cの値、肝機能を調べました。

すると、日数の経過と共にインスリン注射の単位を減らすことができ、1年4ヶ月後にはインスリン注射を止めることができました

肝臓のGOTは50IU/Lから、4ヶ月後には38IU/Lに低下し、正常値に改善されました。
肝臓のGPTも74IU/Lから、5ヶ月後には42IU/Lに低下し、正常値に改善されました。

これらの結果から、水溶性珪素は肝臓の機能の改善、血糖値の改善、ヘモグロビンA1cの改善に効果を示すことが考えられるのです。


スポンサーリンク

フォローする