医療の先進国にも認められたケイ素 – ケイ素の力

医療の先進国にも認められたケイ素

smn7

医療の先進国ドイツでは必須栄養素として常識

日本ではまだ、ケイ素の健康効果について知っている人は少ないかもしれません。
しかしヨ-ロッパでは、ケイ素は必須栄養素としてかなり前から認知され、サプリメントとして飲んでいる人がたくさんいます。

特にドイツでは、ケイ素は最も人気があり、長い間一番売れ続けているサプリメントです。常備している家庭も多く、一家に1つの栄養剤といった感じだそうです。

「サプリメントなんて流行りすたりが激しいし、気休め程度」
と思われる人もいるでしょう。

しかしドイツでは、サプリメントというものの意味合いが日本とはまるで違います。

サプリメントは医薬品に準ずるもの
栄養として必要不可欠なもの

であり、効果が不確かだったり、はっきりしないものではありません。
そんなあやふやなものを、倹約家のドイツの人はお金を出して買おうとはしないのです。

ドイツは世界でもトップクラスの医学の国ですが、西洋医学、現代医学がすべてというわけではなく、大昔からあるハーブや薬草を使った民間療法も一定の評価を受けています。

風邪をひいた時には、病院に行くより「おばあちゃん、おじいちゃんの風邪薬」といった感じで、ハーブをお茶にして飲んで治そうとします。風邪はそうすることで治るとわかっているのだから、わざわざ混んだ病院へ行ってお金を払うことはないと考えるのです。

日本でも風邪をひいたら、生美湯や玉子酒を飲むなどして、温かくして寝ていれば治るという養生法があります。

しかし現代人の多くは、風邪をひいたら薬局か病院へ行くのではないでしょうか。

ドイツでは、必ずしも薬である必要はない。身近なものでいい場合はそれで治す。
栄養レベルで何とかなるならサプリメントを飲む
ただし医学でなければ治せないものは病院、と合理的に考えるのです。

世界一厳しい「レホルム基準」に合致する珪素

11
合理的で倹約家の国ドイツのサプリメントには、世界で最も厳しい基準があり、これに合格しなければ販売することはできません

汚染されていない自然の原料を使い、WHOの定める医薬品製造工程基準を守り、臨床試験によって医学的な裏付けをとることが義務付けられています。

まさに「医薬品に準ずる」厳しい基準をクリアしたサプリメントは、消費者の信頼が厚く、実際に効果もあるというわけです。

この世界一厳しい基準を「レホルム基準」といい、ドイツの人々の信頼のもととなっています。

そんな国でケイ素のサプリメントは人気があり、長く売り上げナンバーワンです。

しかし…日本ではどうでしょう。
サプリメントは薬ではないから、効能を記すことが禁じられています。

「元気な目覚めのために」とか「生き生きしたい人の」などという漠然とした言葉が並ぶだけで、何に効くのか、どれを選べばいいのかさっぱりわからない。
逆にいえば、効果がなくても売ることができます。

こういった理由から日本ではどんなに素晴らしい効果があっても本当なのか信用できないのが現状です。

サプリの信用が低い日本でケイ素が人気になった理由

12
サプリとして生まれた水溶性ケイ素は10年ほど前まで全く知名度が無く誰にも見向きもされませんでした。

そこで、基本的にケイ素が無害であることは厚労省も認めているので、安全性には問題がないということを踏まえて病気に苦しんでいる人で希望される方に無償で飲んでもらい、効果を確かめていきました。

そうした中に健康を取り戻す人が現れ始めました。

中には難病で回復の見込みがない人余命宣告を受けた人もいて、藁にもすがる思いで試された人もいましたが、そこから元気になった人は水溶性ケイ素の虜になりました。

そうした人たちが口コミで、水溶性ケイ素を広めていき、多くの人が珪素に興味を持つようになるきっかけになりました。

また、産業界からもケイ素は注目されています

日本には2008年と2012年にケイ素の専門の学会が設立きれ、現役の医師、大学などの学者らが珪素による医療を実践、研究し、情報交換をしています。

定期的に開催きれる学会には、新しい症例や研究データが集まり、水溶性ケイ素の可能性が論じられています。

これらの会の運営は法人会員、賛助会員、個人会員や協賛企業の出資のもとに行われており、ケイ素は注目を大きく浴びているということがわかります。


スポンサーリンク

フォローする