脳内の活性酸素の害 – ケイ素の力

脳内の活性酸素の害

smn5

脳神経のエネルギーと活性酸素

心筋についで、脳は大変エネルギー消費の大きい臓器です。
脳自体はほとんど動かないにもかかわらず、人間が1日に摂取するエネルギーの2割は脳が消費しています

有名な話ですが、将棋や碁のプロの棋士は、一局で2~3キロ体重が減るそうです。
対局中はさほど体を動かしているわけではないのに、莫大なエネルギーが脳で使われているということです。

そうした脳、特に脳神経にはミトコンドリアがびっしり詰まっていて、酸素と栄養をもとにせっせとエネルギーを生産しています。

エネルギー生産あるところに酸素あり。
酸素がたくさん使われるところには活性酸素あり。

というわけで脳神経では、ミトコンドリアにおいてたくさんの活性酸素が発生しているようです。

そして周辺の組織を酸化し、傷つけているわけです。

それがミトコンドリア遺伝子のレベルで傷ついてしまうと、機能の低下した異常なミトコンドリアが増え、それを除去する能力も低下してしまい脳にとっても危うい状態となります。

そこで、抗酸化物質である酵素などを駆使して、酸化による細胞の傷を防ぎ、できた傷の修復が行われています。

活性酸素も最低限体に必要なものですが、増えすぎると老化を早めたり難病の原因となります
8
年を取ると誰もが物忘れが増え、「え-っと、ほら、あれ、あれ、なんだっけ」などということになりますが、これは加齢による自然現象です。しかし「加齢による自然現象」を超え、明らかに病的な現象といえる場合は問題です。

それが認知症パーキンソン病などの脳神経疾患です。

それらを予防、改善するためには年齢と共に低くなってしまう抗酸化作用を補う必要があります。

抗酸化作用がある栄養素、それがケイ素なのです


スポンサーリンク

フォローする