水溶性ケイ素による改善例 -ヘルペス-

ヘルペスはウィルスが原因の感染症で、日本人の10人に1人が口唇ヘルぺスになったことがあると言われるほど、多くの人が掛かりやすい病菌です。
たとえ症状が出ていなくても、自分が感染していることに気がついていない人もいるようです。

口唇ヘルペスの主な症状は、唇やその周りの皮膚に、チクチク・ピリピりといった違和感や痒み、痛痒さを感じたあと、水ぶくれが現れて赤くはれてきます。小さな水ぶくれが群発して形成されて、大きな水ぶくれになってしまうこともあります。

ヘルペスは幼少時期に一度感染すると免疫が出来ますが、大人になってから初めて感染した場合は重症化しやすいのが特徴です。

口唇ヘルペスは一般的な病気で、一度感染すると症状は治まってもウイルスは体内に潜伏しています。
そこで、風邪をひいたり、ストレスや疲労によって体の抵抗力が落ちてしまうと、ウィルスが出てきて体内で増殖し、口唇ヘルペスの再発をしてしまいます。

1年半に1回程度口唇ヘルペスになってしまい、完治するのに2週間かかるという方がヘルぺスが出来始めて3日目に水溶性ケイ素を直接塗ったり、飲み物に混ぜて飲み始んでみたところと5日間くらいで、血も出ず、ヘルペスの痛みもなく消えたそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする