水溶性ケイ素で喫煙の害を抑える

喫煙と健康に関する意識が高まったり、喫煙をめぐって規制が強化さたりしているため、年々喫煙者数は減少傾向にあります。

喫煙が体に与える影響は主に

・肺がん
・虚血性心疾病
・呼吸器疾病
・妊娠中の女性の場合は、母体への影響だけでなく胎児の発育に対する悪影響
・赤ちゃんが低出生体重児として生まれる
・早産、自然流産、周産期死産の危険性
・ニコチン依存
・スモーカーズフェイス
・口臭

などが上げられます。

また、タバコの煙に含まれている一酸化炭素は血管の動脈硬化を促進すると言われてますが、愛煙家の方はそういわれても止められないという声をよく聴きます。

そんな愛煙家の方の健康には、ケイ素の摂取でタバコの害を減らすことができるかもしれません。

タバコが体を酸化させる

タバコの煙には、過酸化水素をいう活性酸素が沢山含まれています。

この過酸化水素は体内に入ると細胞膜を通り抜けることがでます。その時、体内で鉄などの金属イオンと過酸化水素が出会い、結合すつと非常に酸化力の高い活性酸素に変わります。

活性酸素は毒性が強いため、過剰に発生するとカラダの細胞を酸化させ、老化やさまざまな病気を引き起こします。

タバコを吸うということは、カラダを酸化させる活性酸素を自ら取り込んでいるということになるのです。

タバコの害を減らすにはケイ素の摂取が有効

ケイ素には様々な働きがありますが、その中でもとりわけ素晴らしい効果に「抗酸化作用が強い」というものがあります。

抗酸化作用とは酸化を抑える作用のことです。

タバコを吸うと活性酸素が体内に大量発生をすしますが、私たちにとって必須ミネラルであるケイ素は、細胞の元であり血管や骨を強くし、この活性酸素の活動を抑える効果があります。

また活性酸素によって細胞が受けたダメージを細胞の再生活動として手助けをするという効果への期待が出来きるんです。

では、どのようにケイ素を摂取したらよいかというと、水溶性ケイ素佐分利メントから体内に取り入れることを管理人はオススメします。

水溶性ケイ素は液体のため、食品に混ぜて体内に取り入れることが出来るだけでなく、体内への吸収率が顆粒やカプセルのケイ素サプリメントよりも早いのが特徴です。

そしいて、水溶性珪素サプリメントを取る場合、その濃度が濃いものの方が、より多くのケイ素を一度に体内に取り入れることが出来ます。

ケイ素は体内で生成できるミネラルではありません。また、加齢とともにその数は体内からどんどん減っていきます。

通常ミネラルは食品から取るという方は多いと思いますが、喫煙者であれば食品からだけでなくサプリメントからも積極的ケイ素を取ることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする