妊活や不妊治療にケイ素で妊娠しやすい体づくり – ケイ素の力

妊活や不妊治療にケイ素で妊娠しやすい体づくり

女性の社会進出がすすみ晩婚が増えたことで、結婚後いざ子供が欲しいと思っても生理不順だったり、35歳以降の年齢で卵子や卵巣の老化い不安があるという女性は今では社会問題として取り上げられています。

実際の所、不妊妊治療をしている女性は今では推定50万人、6組に1組のカップルであると言われています。

晩婚のカップルだけでなく、若い世代のカップルでもいざ「子供が欲しい、子供を作ろう」という時には妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を把握するなどといった妊娠するための活動「妊活」を行っている人が多数います。

また、不妊治療の場合、女性だけでなく、男性側にも問題があることもあります。

不妊症は風邪などのように、熱や咳が出るなどわかりやすい症状があるわけでないので、普通に生活していても自分が不妊症であるとはわかりません。

また、不妊症の原因は、卵巣機能不全や子宮内膜症、無精子症や成功障害などがありますが、不妊の場合はこれだけでなく複数の原因が複雑に絡み合っていたり、ストレスや食生活などと言われています。

妊娠を望む前に、病院で検査をすることはもちろんですが、日常生活(ストレスや食生活)血行の不良を改善することで妊娠したというケースもあります。

ケイ素が妊活や不妊治療に役立つ可能性

卵巣機能不全や子宮内膜症、無精子症や成功障害など明確な疾病がないにも関わらず、なかなか妊娠しないと言った場合、健康な体を作り、生活習慣を改善したよって妊娠しやすい体になります。

血液がドロドロで血行が悪いという場合、体に血液が行きわたらないため冷えの元となり、この冷えによって子宮が暖かくならずになかなか妊娠しないといったことも起こります。

これは運動不足が原因のため、適度な運動をすることで改善されることがありますが、ケイ素サプリを飲むことで血管・血液へすばやく浸透するため、優れた浄化能力により血管中の壁に付い、悪玉コレステロールや、過酸化脂質用を除去し、ドロドロ化した血流が改善され、、血管を強くしなやかにすることが見込めます。

ケイ素サプリで血流が十分に改善されると、体に血が行きわたり、子宮を温めることができ、妊娠へとつながることもあります。

また、ストレスで活性酸素が増えすぎてしまうことも問題です。

活性酸素が増えすぎてしまうと、活性酸素が細胞を攻撃し体を老化させて、卵子の老化などいろいろな体の機能が低下してしまいます。

私たちが生きていく上で老化を止めることはできませんが、体内に多すぎる活性酸素に対しては、活性酸素を抑える働きをする抗酸化作用のある食品やケイ素サプリメントを取ることで対処することが出来ます。

活性酸素を抑えたり、血行を良くするサプリメントは水溶性ケイ素

前述のように、妊娠しやすいカラダづくりのために、活性酸素を抑えたり、血行を良くするには食生活を改善し、適度な運動をすることが大切です。

また、活性酸素を抑制したり、血行を良くし、血管をしなやかに保つなど、ケイ素サプリメントを取ることによって双方向のアプローチも役に立ちます。

そこで、水溶性のケイ素サプリメントです。

また、顆粒のケイ素サプリメントは不溶性のため、体内に取り入れても栄養素としては吸収されず排出されてしまいますが、管理人のオススメする水溶性のケイ素サプリメントumo BRANCHEは、液体のため手軽に水や飲み物にまぜて体内に取り込むことが出来き、体内への吸収、浸透率がより高いので体への効果も早く出ることが見込まれます。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする