ケイ素の力 – 奇跡のミネラル!珪素の力〜水溶性珪素、驚きの健康効果

ケイ素とは?

smn1

地球上で酸素についで多い元素のケイ素

ケイ素(珪素)とはどんなものなのかご存じでしょうか。おそらく多くの方がまだご存じないでしょう。

ケイ素とは何か。
それが人間にとってどのような物質なのか。
何か役に立つものなのか。

まだまだ認知されていないのが現状かもしれません。

水溶性ケイ素は今まさにブームになりつつある物質で、医療関係や健康に関わる業界では、すでに大きなムーブメントになりつつあります。

現代人の健康に関わる問題を解決し、多くの難病を克服する可能性を秘めている物質として、すでに日本各地の医療機関で使用され始めています。

その具体的な働きはのちに述べるとして、まずケイ素という物質の基本情報をご紹介します。

珪素はこの宇宙に存在する元素の1つで、別名シリコン

地球上では酸素についで2番目に多い元素で、自然界では土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種です。

地球そのものの主要成分といっていいでしょう。

ちなみに宇宙全体では一番多いのが水素、地球の大気中に最も多く含まれるのが酸素、地殻に最も多く含まれるのがケイ素です。

ケイ素は自然界では通常単体では存在せず、酸素と結びついてケイ素(二酸化珪素など)になっていることが多いのですが、加工技術によって純度を高めたり、他の物質との化合物にするなどして利用されています。

ちなみにノンシリコンシャンプーやシリコン製キッチン用品など、私たちの生活に普段からなじんでいる多くのシリコン製品はケイ素と化合物が合わさったもので正しくはシリコーンといいます。

純度が高いシリコンで私たちの身近にあるものは携帯やパソコンのCPUに使われる半導体です。

藻類の化石~石英~水晶、そして珪素へ

1
ケイ素は鉱物、すなわちミネラルの一種ですが、地球上に存在する珪素は、太古の昔の藻類が化石となってできたものです。

藻類とは主に淡水や海水に生息する細菌やバクテリアなどの微生物、プランクトン、昆布、海苔などの海藻まで含む多系統の生物で、光合成をするという共通項を持つ水棲の生物が主です。

これら藻類の中でも珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが、海底や湖底、土壌などに堆積し、長い年月を経て層をなし、化石となりました。

藻類はやがて珪酸となりガラス質になります。

そのため固体の珪素も透き通ったガラス質の物質であり、純度が高いほど透明で美しい結晶になっています。

ケイ素が一番多く含まれている鉱物が石英であり、その中でも純度99%以上に成長したものが水晶です。

他にもラジウム鉱石、トルマリン、麦飯石、ブラックシリカなど、何らかの効能を持つ石の多くは、95%以上の比率で珪素を含んでいることがわかっています。

水晶に健康効果があるということに不思議な印象を持たれる方も多いでしょうが、そのもとをたどると藻類ですから、さらに不思議です。

ケイ素は人体を構成する必須栄養素

3
地球の地殻の主な構成要素である珪素は、土や砂、石、岩など大地を形成する物質です。

自然界のケイ素は単体ではなく、酸素と結びついた二酸化ケイ素として存在しています。

大地から畑を耕して育った野菜などの植物には根から吸い上げたケイ素が含まれ、植物性の食物繊維の主成分になります。

となると野菜などの植物を食料とする動物の体にも、ケイ素が取り込まれますが、もちろん人間も同じで、われわれ人間が体によいからと食べている食物繊維には珪素が多く含まれています

つまりケイ素は地球を構成し、大地に育つ植物や、それを食べる人間も体を作る重要な構成要素であるということなのです。

人間にとって、珪素は必須栄養素であり、欠くことのできない重要なミネラルです。



スポンサーリンク
1 2 3 4 67